カテゴリ:Ladybird( 47 )
春はあけぼの ~枕の謎がとけるとき~ 2 'The Mystery of the Pillow Book’
枕草子を、本当に枕の下に敷いたり、

枕元に置くだけで、恐ろしい夢を見なくなる。


いつか、それが必要ではなくなるときまで、

そばに置かれると良いと思います。


夢を通して語られた不思議なラーの世界、マクラ。

そして、草であって、かつての草ではない草の子の話。

二つの魔法を乗り越えた人々の、秘密がここに。


伝わってくる、あやにしき(クオリア)の、透明な領域で、

透明な章だけを選んでみました。




十年ほど前、宮に、天皇の妃として、初めて嫁ぎました頃、

まだ、わずか十四才であった私は、

物のはづかしき事の数知らず、

扱ったことのない珍しい物、

接したことの無い風習が、あまりにもたくさんあり、

何をどうすべきなのか、わからず、


また、夫となるいとことの、「違い」というものも、

まったく知らずに嫁ぎましたので、

それがたいそう悲しくて、

人知れず、涙を流して暮らしていたのでした。


夜々、三尺の、大きな御几帳の後ろに、

伺候していると、うら若き、十才の夫である天皇は、

絵など書いてあるを見せて、手振りなどなさって、

意思疎通をおはかりになさっても、

まったく言葉も、意思も通じないのです。


「これは、とあり、かかり、それが、かれが」など、

片言におっしゃるのです。


遠い異国から取り寄せている、御殿油なので、

髪の毛の筋なども、

遠くからしか拝見できない昼間とは違って、

天使のようにみえて、まぶしく輝いているけれど、

見てはいけない失礼を承知で、

こっそりと、見つめたりしたのでした。


寒さのひどく厳しい季節でしたのですが、

差し出してくださった御手が、

異国の、客家(ハッカ)人であっても、

その御手が、温かくみえるのが、

たいそう匂いたる、庭の、薄紅梅の香りにも重なり、


それはまるで、この国の、自然界の神様も、

「限りなくめでたし。」と、

おっしゃってくださっているようで、


見知らぬ里の人であっても、

心持は、このような優しい人も、

世のなかに、いらっしゃるのかもしれない、と、


その頃は、不思議な呪術によって、

自分の写し玉(魂の光)を見ていることも知らずに、


このような輝く人が、他にもいるなんて、と、

驚くように、以来、二人の仲を、

大切に、お守りいたしてきたのでございます。



それが今は、暁(あかつき)になると、

天皇の私への思いも、すっかり醒めて、

私だけは、以前と変わることなく、

翼ある天使を愛しているのだと、

想をよせておりますのに、


もっとも寒い時間帯に、天皇は、

早く自室へ帰れ、と、急がすのでございます。


男女の愛というのは、

そういうものなのでしょうか。


逢瀬の後の天使、

おなかの赤ちゃんも、もう少しおそばに、と、

おおせられるので、どうして天使の言葉を、

私が、そむくことなどできましょう。と、

そのまま、天皇のおそばに臥していると、


天皇と言葉の良く通じ合う、いつもの白拍子も、

ここへはこれず、女官どもがやってきて、

「天皇をお放しなさいなど」言っているのだという、

私に付きそう女房(通訳)との交わす言葉を、


「まな(真名)」と、仰せられて、

私たちを、ひどくののしり、帰ったのでした。


もう天皇は、昔のように、

私の気持ちを問いかけてくださったり、

お答えするのに苦心して、お互いの意思疎通をすることも、

無くなって、久しくなったのです。




☆客家(はつか)

この時代、白人、更科人、科人、

華人、韓人など、多くの民族を、八家といい、

八卦や、陰陽道などをはじめとして、

異国の宗教を司っていたようである。




古代の日本人は、真名の言葉を話す、

「あゆ」という人々が居て、男女和合の道を通して、

天界へ帰る融合の道がありました。


そのたゆまぬ「あゆ」たちの努力の間に、

自然界の神々とつながることのできる、

「あや」という子供たちが生まれ、


「あや」が自然界の神々にのぞまれて、

結婚した者は「みつ」とよばれるようになり、

神々と「融合」の道を歩んでゆくと、

もう人間の世界に生きることがなくなる。


「あゆ」というのは、あゆの教えを守って、

自然界とともに生きる者。


アイヌや、イヌイット、と呼ばれる人々とは、

自然に対する価値観が、少し違うのです。


自然とともに生きるというのは、

狩猟採集生活をして生きる、ということとは、

少し違うのです。



今与えられている物があるのであれば、

それ以上をむやみに採らない、狩をしない、

そして、変化に合わせて、柔軟に対応してゆけることを、

もっとも大切なこととしているのです。


それは、人間の原理で生きるのではなく、

すべて、自然界の原理を生きる者。


たゆまずに、その道を歩む、歩く、ということが、

この地球で失われてしまっている、

「Arc(アーク)」なのだと思います。


あゆとは、愛融(あいゆう)、

愛と融合、

愛とは、I(あい)、You(ゆう)

I am that You are.

愛し合う男女の間においてのみ神となり。


神の領域で、神なる「さる」となる。

「さるものの目」、

「キング・サーモン」も、

「さるもん」をあらわし、


神との融造(あや)は、

鳥(ゆう)。



つづく






[PR]
by kotorihua | 2018-12-11 12:20 | Ladybird
春はあけぼの ~枕の謎がとけるとき~ 1 'The Mystery of the Pillow Book’
昔の人は、お経を枕に敷いて、お守りにしたというけれど、

お経そのものは、自然界の昆虫さんや、小鳥さん、

草木や、鹿さん、猿さん、彼らみなの歌や、さえずりや、

清らかな心の中に、語ってくださる言葉や、

伝えてくださる文字を、文章にしたに過ぎないのだから、


本当は、あなたのために、自然界の生き物が、

優しく心を開き、歌ってくださったり、

そばに舞い降りてくださったり、

優しいまなざしを向けてくださるだけで、

偉大な救済の力を、発揮してくださる。


小さな庭の、小さな植物さんの葉の上にさえも、

前日の夜に降った、美しい雨の水が、

昇る朝日の、黄金の光を反射して、

その光は、あなたの内面の深い、意識の領域、

心の領域、そして、物質を超えた物質、内裏(ダイリ)までも、

深く癒してくださる、尊い神の働きとなる。


人は、もっと静かに振る舞い、歩をゆるめて、

呼吸を深くして、自然界の彼らが安心してそばに、

訪れてくださるように、自然を深く見つめ、愛し、

大切に想う必要がある。


命の持つ、光の衣に包まれるなら、

何者の思念も、あなたを捕らえることはできなくなるのだから。


みつ花





[PR]
by kotorihua | 2018-12-08 11:38 | Ladybird
飛び立つために、大切なこと
f0216489_9165883.jpg


それは、与えられている愛に、

感謝すること。

喜ぶこと。

このツグミさんをはじめ、

小鳥さんは、いつも優しく教えてくださいます。

f0216489_9173939.jpg

清らかな彼らと過ごしていると、

本当に、飛べるようになるのだと、

確信できるのです。

f0216489_9181511.jpg

すずめさんも、昆虫さんも、

それを心から願って、待っていてくださいます。


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2016-12-20 10:21 | Ladybird
心にお日様が戻った日
昨日は、小鳥さんが、庭の窓辺に来てくださいました。

心に、お日様が宿ったようで、

とても嬉しかったです。


そのときの様子は、とても、もったいなくて、

カメラを構えることができませんでした。


本当に、開け放った窓の、すぐそばでしたから。


しかし、この言葉を書き出してから、

小鳥さんが呼んでくださり、

写真を写させてくださいました。

f0216489_98477.jpg


縁起の良い、常緑樹の上で。
f0216489_9154031.jpg


心がつながっているのは、本当に嬉しいことです。

メジロさんは、私たち夫婦が、

本当に仲良く、幸せで、

楽しく生きることを、心から願ってくださっていらっしゃいます。

すべての小鳥さんがそうです。


同じ地球に住んでいながら、

彼らは、お日様のように暖かく、

人間よりも、次元の高い世界に住んでいらっしゃるのです。


愛を伝え、与えるものは、愛を。

光を伝え、光を与えるものは、光を。


この世界は、非常にシンプルなのです♪


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2016-12-19 10:07 | Ladybird
清らかに
今朝の散歩から帰ると、ムクドリさんのご夫婦が、

窓辺で、仲良く写真に写ってくださいました。
f0216489_10262811.jpg


こちらは、ブログを始めたころから、

ずっと見守っていてくださる、私にとって、

両親のような存在の、ムクドリさんです。


ムクドリさんは、とても崇高でありながら、

非常に懐の深い、小鳥さんです。


とても優しく、そして厳しく、

そして、言葉では表現できないほど、

深く優しい導きで、魂を育ててくださいます。


本当に、生命を愛おしく思い、

幸せであってほしいと願い、

癒されてほしいと、願ってくださいます。



それは、本当に大きい魂の器を持っているからこそ、

できることなのだと思います。


こちらは、今年生まれた、ムクドリさんの雛さんです。
f0216489_10271662.jpg



今日の散歩道は、どこも清らかで、

清浄で、本当に驚いています。


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2016-12-18 11:22 | Ladybird
癒しのブルー
癒しのブルー、青い色。
f0216489_9433296.jpg

青い色も、黒い色も、

この世界に、悪いものは何もないと、

真実の扉は、伝えてくださいます。


泣いた赤鬼のように、

青い鬼が、悪者のように振舞って、

赤鬼を助ける。


男女も、さまざまな人や、

生き物たちとの出会いも。


本当は、神様が、人類の病を治すために、

与えてくださった、すべて。



もっとも苦手だったものこそ、

もっとも愛すべきものに、めぐり合わせてくれる扉。


そして、この青い地球もそうです。


今日も、この、記録的に寒い、

朝の光の中で、小鳥さんたちが、

訪ねてきてくださって、

励ましてくださいます。


お日様の光を、反射させながら、

上空をさえずり、

癒しの力を、注いでくださっています。


この地上で、いくつもの形態に分離した、概念も、

本当の真髄は、星や、太陽や、月や、季節。


虹の七色、水、海、植物さんという糧であり、薬であり、

その、地上に住まう、生き物さんたちと、

シンプルに、集約されてゆく気がします。


偽りの世界に閉じ込められていた、魂が、

再び清浄なる世界に、

真実の光に還元した、すばらしい日に。


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2016-12-17 13:46 | Ladybird
もっとも崇高なとき
二人の愛の形が、

もっとも崇高なとき、

自然界との間に、豊かな豊穣が生まれる。
f0216489_822863.jpg

神々にさえも、愛される存在となる。


純粋に、相手のために存在する。

失うものなど、何もない、と。


心には、すべてへの愛で詰まっていて、

そこに、新たに自然界への絶対の愛と、

叡智と、美と、魔法が加わる。


その、完璧なる世界で、

唯一、それらから遠ざけるものは、

自分自身の作り出した怖れのエネルギーの、

その振る舞いを信じて、そのビジョンによって、

何かをしたり、しなかったりすること。


その行為が、加わることで、

怖れは、エネルギーを強めてしまう。


だから、怖れのビジョンや、

怖れが支配している領域での、夢は、

一切信じないこと。


この領域での振る舞いの結果を強めたものが、

既存の多くの固定概念や、人間の習慣や、風習に、

結びついてしまっているように思います。


一方、神が見せる夢には、精神の成長や、

脳や魂の癒し、そして自然界への扉につながっています。


怖れが見せる夢は、

それとは違った方向性を持ってしまうのです。


夢や幻想を手放す、と伝えた仏陀の悟りは、

このことに、起因しているのです。


その世界は、

怖れが作り出した幻想の世界で、

自分自身をループしているに過ぎないと、

一瞬で、気がつくとき、


現実の、日々の振る舞いを気をつけることで、

それを超えることができるのです。


それは、怖れずに、普通にすること。

ただそれだけなのです。


何も、悪いことは起こらない。


自然界の癒しは、

人間の怖れなど、入る余地もない、

非常に素晴らしいものがあるのです。


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2016-12-16 08:27 | Ladybird
調和の遺伝子
今日は、とても寒い中、

散歩をしていました。


みな、小鳥さんたちは、

ふわふわの羽毛を膨らませています。

f0216489_919189.jpg

本当に寒い中を、励ましに来てくださった、

キジバトさんです。


小鳥さんは、その存在そのものが、

寒さを乗り越える、形態を、自然界から与えられています。


人も、自然界とともにあるとき、

自ら何かを得ようとしなくても、

自然と、すべては与えられるようになるのだと思います。



自然界は、ただ自然界とともに生きるだけでいいと。


自然界と一体となって生きるとき、

光と一体となって生きているのです。


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2016-12-15 10:54 | Ladybird
再び、美しいツグミさん
「そして、そのとき、人はどうするか。」

その心を、自然界の神々は、透徹に見つめていらっしゃいます。


たとえ、四面楚歌になってしまったとしても、

たった一人でも、がんばれと、声をかけてくださる存在があったら、

決して、あきらめてはいけないのだと思います。
f0216489_10421741.jpg


怖れや、恐怖や、悲しみを、

乗り越えるのは、自分自身の、心の力になってきます。


そのときに、嘆いてしまうならば、

それは、それだけの魂の器。


でも、あきらめないときに、

奇跡というものは、いつも用意されているのだと思います。


命がある限り、がんばる。

そのことが、その思いが、

この自然界にとって、もっとも崇高な魂であると、

小鳥さんは、伝えてくださるのです。

f0216489_10313423.jpg

(写真はすべて、我が家に来てくださる、もう一羽のツグミさんです。)

f0216489_1032433.jpg

一人ではなく、みんなが一緒にいると、伝えてくださいます。


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2016-12-14 10:51 | Ladybird
雀鷂(ツミ)さん、自分を育てるということ
雀鷂(ツミ)さんは、私に、勇気を与えてくださる小鳥さんです。

物事の概念、良い、悪いの判断を手放し、


良いことしか、起こっていない、

この自然界の仕組みを、どこまで信じ、

愛し、受け入れることができるか。


心を見守っていてくださる、崇高な小鳥さんです。
f0216489_941273.jpg

先日、森への帰り道で、お会いした雀鷂(ツミ)さんが、

昨日は、我が家のそばに来てくださって、

私のことを、心から励ましてくださったのでした。


こちらは、今年生まれた、

女の子の雀鷂(ツミ)さんです。


何枚も、写真を写させてくださったのですが、

その佇まいは、何も恐れず、

雛さんらしく、あどけないほどに、かわいらしく、

この現実に生きて、存在していらっしゃるのでした。


そばには、一羽の、森のカラスさんがいらっしゃって、

撮影をサポートしてくださっていました。


お互いを、信頼する。

仲間を信頼する。

心から信じるところに、

ゆるぎない安心というのは生まれる。


そして、動じないことによってのみ、

不動心というのは、育つこと。


それを教えてくださるのが、森のカラスさんと、

この雀鷂(ツミ)さんだったのでした。


現実に、起きている、さまざまな現象の、

その由来というものを紐解いてゆくとき、

最終的には、自分自身の恐れの心というものが、

あらゆる現象を、生み出し、引き寄せているように、

見えること。

でもそれは、真実ではないのです。


だからこそ、その恐れを、きっぱりと手放すことができたとき、

その、引き寄せの仕組みから、解き放たれて、

自由となることができるのだと、

教えてくださるのです。


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2016-12-13 09:19 | Ladybird



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31