カテゴリ:嬉しかったこと♪( 24 )
メジロさんの訪れ♪
今日、晴れわたった、すがすがしい、外の空気を吸うために、

カメラを持って歩いていると、近くの枇杷の木に、

メジロさんが、飛んできてくださいました。
f0216489_13382511.jpg


舞い降りて、そして、枇杷の花の蜜を吸ってくださいました。
f0216489_133848100.jpg

とてもラッキーです♪


昨日も、道を歩いていると、雪虫さんが、

カメラのレンズキャップの上に舞い降りて、

妖精のように、羽を広げてくださいました。


虹色に輝く羽が日に透けてキラキラとして、

かえりみなさるお姿の、本当にお美しかったこと。


私は、今までのことを、みなにお礼を言いたくて、

歩いていたのですが、

今日は、雪虫さんが、ひざの高さの低い辺りを、

舞っていらっしゃるので、いろいろなことを、

本当にありがとう、とお伝えすると、

雪虫さんは、高く高く舞い上がって、

「幸せになってね~」と、高く、飛んでゆかれました。


ちょうど、雪虫さんへのお礼が済んだところで、

メジロさんは、枇杷の木に、飛んできてくださったのでした。


玄関から、2、3メートル程のところです♪



人通りも多い時間なので、

また、家のほうへ戻り、主人にそのことを伝えました。


私は、「メジロさんたちは、

いつも、外にいても、部屋の中にいる私たちを、

壁が透き通るかのように、見守っていてくださるので、

寂しくないのね。

人間の私は、そばに来てくださったときに、

寂しくないと感じるのかもしれない。」と、話していると、


その言葉の、終わらないうちに、

先ほどのメジロさんたちが、

我が家の窓辺に、たくさんやってきてくださったのです。
f0216489_1352573.jpg


そして、開け放った窓の外、1mも離れていない場所に、

止まってくださったり、我が家の庭の、細い鳥居にも、

止まってくださったのでした。
f0216489_1354536.jpg


小鳥さんが、庭に来る、

昆虫さんが、庭で楽しく舞って下さることは、

心や、波動、意識のレベルが高くないと、

なかなかお姿を見せては下さらないもの

なのだそうです。


意識のレベルの高さとは、

きっと、光のようなあたたかさ。


いつも私たちの幸せを願ってくださる彼らには、

やはり、同じように、自然界や命に幸せを願う優しい心や、

穏やかに、楽しく、一生懸命、日々を暮らしている、

日だまりのような場所に、

彼らはやってきてくださるもの。


本当に、また、楽しく遊べる。

そのお言葉通りで、とても嬉しいのです。


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2016-11-29 14:49 | 嬉しかったこと♪
アゲハ蝶さん♪
今日は、お天気もよく、久しぶりに桜並木へ散歩に行きました。

散歩道で、自転車を走らせていますと、

スズメさんが、猛烈にさえずって、私を呼び止めてくださいました。

そして、アゲハ蝶さんの存在を知らせてくれました。
f0216489_1583210.jpg

すごくかわいいのです♪

写真を撮ることを、待っていてくださったようです。
f0216489_159849.jpg

こちらを見つめてくださっています♪


アゲハ蝶さんは、3月から10月ごろまでの暖かい時期、

数回にわたって、卵から孵って、

成蝶になることを繰り返すのだそうです。


ミカン科や、山椒の木の枝葉に卵を産み、

幼虫は育ちます。


今、山椒の若葉が、とても綺麗で、青々と茂っています。

私が、おいしそうだな~と思うのと、同じように、

アゲハ蝶さんも、もしかしたら、山椒の木を、

おいしそうだなと好むのでしょうか。


梅に鳩、梅にメジロ、桜にヒヨドリ、桜にカラスなどなど、

樹木と鳥さんたちに、深い魂の領域の癒しが備わっているように、

アゲハ蝶さんと、樹木の関係性も、きっと、魂を癒す、

深い領域での、お仕事を持っているように感じます。


この散歩道では、先日、猫さんが暗がりの中から飛び出してきて、

いつもの通りを通らないようにと、

別の道を道案内してくださる、不思議な体験に遭遇いたしました。


猫さんの方を向いて、しゃがむと、嬉しそうにそばによってきて、

私の周りと、主人の周りを、メビウス状に、

二回ほど回ってくださったのでした。


猫さんは、神の領域のお仕事をなさっていらっしゃったので、

私からは、手を触れることは、しないようにしていました。


以前ならば、生き物の振る舞いによって、

行動を変えることなど、自分からは、決してしなかった主人が、

猫さんがそっちには行くなといっている。遠回りしようと、

言ってくださったことに、私のほうが驚いてしまいました。


そうして、通りを、遅い夕飯を食べて猫さんと通った後、

主人は、主人の父の魂が帰ってきたことを知ったのでした。



私は、冥界の仕組みが、

なんとなく、わかってきているのです。


蛇の永遠の苦しみを断ち切れるのは、

猫さんの持つ、不思議な力だけであり、

(人間の情(じょう)に埋没していない猫さんに限る。)

それは、たとえ小鳥さんが天につながる神であっても、

猫さんも、神の領域の言葉を持つものは、

小鳥さんの友達であり、大切な仲間であるということを、

エジプト人も、古代の日本人も、昔は、よく知っていました。


そして、人の魂は清められ、遺伝子の領域で、

蝶になり、鳥になり、樹木になり、

そして現実界の、さまざまな地上の、神々生き物の与えてくださる、

大自然の癒しを授かって、神の世界の衣いただき、

光へと還元してゆくのです。

f0216489_159488.jpg

アゲハ蝶さんも、恋をして、子孫を残す、

とてもよい季節を迎えているようです。


こうして見つめてくださる彼らの知性は、

未来の時空をも読み解くほど、人間よりも、遥かに高いのですが。

果たして、その内面の素晴らしさが、

この写真から、皆様にも届きますでしょうか♪


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2013-04-11 15:41 | 嬉しかったこと♪
最近の嬉しい出来事♪
2月2日

約束の梅が咲き始めて、ハトさんをはじめとする小鳥さんが、

婚姻をなさいました。

街はロウバイの花の甘くさわやかな香りで、包まれていました。


2月22日

梅の花が満開になり、花の香り高く、ヒヨドリさんによる、

寿ぎのさえずり(ピーピルルルと寿ぎます。)が、

この日から始まりました♪

このさえずりによって、樹木さんが、

もうそろそろ目覚め始めるころなのだと感じました♪


2月24日

突然の春の嵐。


2月25日

シジュウカラさんが、「みつ花、遊ぼう♪」と、

特別な日のお誘いがあり、散歩に出ました。


カラスさんが、「桜並木へ」と、呼んでくださって、

樹木さんが目覚め始めたことを知りました。


スズメさんが、昨年の巣を、

綺麗にお掃除なさっていらっしゃいました♪

新しい巣作りの始まりです。


いつもの公園で、キジバトさん、オナガさん、カラスさん、

そしていつもの小さな小鳥さんたちと一緒に、

春の神様をお迎えしました♪


とても楽しく、ゆったりと過ごし、幸せな日を送りました♪


2月26日

朝目覚めると、お日様が、

「ハレルヤ」とおっしゃったので驚きました!


(ようやく、やっと、神々の世界へ到達しました♪)という、

お祝いのお言葉のようです♪

太陽から発する光が、粒子のように回転して、

太陽を中心にすえた、巨大な光の波動図形になっていました。


魂が、ハレの日を迎えた日なのだと思います。

心と魂が開放されて、今日の朝のお天気のように、

晴れ晴れとしています♪


ブログをアップしようとしますと、

オナガさんが窓辺に来てくださり、この章にも、

神様のメッセージを添えてくださいました♪

★★★

みつ花、話してもいいですか。


みつ花、いつも一生懸命がんばる。

その頑張りによって、自然界は拓(ひら)かれました。

光に満たされています。


一緒に楽しく春を過ごす。

その喜びを、命は共有し輝きます。


とても楽しい、一日、一日を積み重ね、

楽園をつないでゆきましょう。


緑の草々は、この地にあふれ出すのを待っています。

育つ樹木もあるでしょう。

素晴らしいことです。


みつ花大好きだよ。

ありがとう。

☆☆☆

f0216489_10151811.jpg

こちらは今日のお日様の光です♪

お日様から生まれた、光の玉が写っています。

小鳥さんが、たくさん空を飛んでくださっていました♪


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2013-02-26 10:18 | 嬉しかったこと♪
アオジさんと感謝の気持ち♪
皆様、いつもこのブログを読んでくださって、

本当にありがとうございます♪

感謝の気持ちでいっぱいです。


また、多くの方々に、ご紹介していただいているようで、

本当に励みになります♪

小鳥さんたちも、応援してくださっており、

人々に伝わってゆくことを、大変喜んでおります♪


日々、頑張って参りたいと思いますので、

これからも、どうぞよろしくお願いいたします♪


みつ花


***


こちらは、夕焼けに映える、アオジさんです♪
f0216489_11285047.jpg

友達となった日の写真です♪
f0216489_113553.jpg

[PR]
by kotorihua | 2013-02-14 12:53 | 嬉しかったこと♪
街の公園にて(二)
出かけた先の公園で、小鳥さんたちが、

寒さの中でも、可愛らしい姿を見せに、

すぐそばの樹木に来てくださることが、

本当に嬉しかったです。
f0216489_16275218.jpg

こちらは、まだ幼いコゲラさんです。

大人のコゲラさんもそばにいます。
f0216489_16282033.jpg


シジュウカラさんは、ヒノキの実でしょうか、

黒い色の果実を大事そうに抱えて、

そばの枝に飛んできてくださいました。
f0216489_16353963.jpg

上手に実を割っています。
f0216489_1636848.jpg


また、こちらのシジュウカラさんは、

昆虫の卵でしょうか、樹木の上で、

大事そうに突っついていらっしゃいます。
f0216489_16364775.jpg
f0216489_16371551.jpg

こうして、小鳥さんがわざわざ目立つところで、

食べ物を召し上がってくださることで、

寒さの中でも、食べる物があるということを知ることができます。


ハクセキレイさんは、真実の世界では水辺と繋がっている、

運動場(グラウンド)にお立ちになり、こうして、

かわいらしい姿をずっと見せてくださっていました。
f0216489_16383793.jpg

この土地の小鳥さんも、仲間たちとともに暮らしていること、

そして、魂の奥義のための働きをすることができることを、

皆が私に、教えてくださっているように感じました。


そして、事実、この時、この街の小鳥さんによって、

私の魂の中の、いつもの領域とは違った分野への、

深い癒しが行われていたのでした。。


私は、この写真を写しているとき、

そのようなことは、何も気がつきませんでした。


この街は、昔住んでいた場所にとても近く、

私は、この街に住んでいるときに、

この街に、置いてきてしまっていた、

人生で、とても大切なものがあったようなのです。


小鳥さんは、それを取り戻してくださったようなのでした。

私は、わが街のメジロさんに、背中を押されて、

こうして小鳥さんたち皆を、元気づけようと、

ここに、訪ねてきました。


でも、わが街のメジロさんは、はじめから、

私の魂の領域の深い癒しを行ってくださるために、

こうして、この場所を訪ねるようにと、小鳥さんたち皆で、

玉章(たまづさ)を持たせてくださったことが、

後になってから分かったのです。。

f0216489_165563.jpg

無くしてしまっていたものとは、

それは、人へ向ける、愛のまなざしだったように思います。。
f0216489_16554394.jpg

でも、ようやく今、気がついたのです。

人も、本当に温かく、優しい心を持っていらっしゃるのだということを。


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2013-01-17 17:16 | 嬉しかったこと♪
街の公園にて(一)
先週、主人と少し離れた街まで出かけることになり、

駅へ向かって歩いていると、

カラスさんが、特別なさえずりをなさっていました。


すぐにメジロさんが飛んできて、公園へ行くことを忘れるな。と

おっしゃって下さったので、カラスさんのさえずりが、

玉章(たまづさ)であることがわかりました。


用事のために向かう場所の真向かいに、

その街でも、一番大きな公園があります。


夏に、そこを初めて訪れたとき、その公園の小鳥さんは、

本当に喜んでくださったので、寒さの厳しい今頃、

わが街の小鳥さんは、他の街の小鳥さんたちを、

元気づけるためにも、私たちを向かわせてくださるのだと、

本当に嬉しくなりました♪
f0216489_810774.jpg

カラスさんからのさえずりによって託された、

玉章(たまづさ)が、私たち夫婦のオーラについているからでしょうか、

訪ねた街のヒヨドリさんが、目的地へ向かう路地の電線で、

このように待っていて下さいました♪


公園へ着きますと、ハクセキレイさんが、

可愛らしく迎えてくださいます♪
f0216489_826573.jpg
f0216489_8264562.jpg


こちらは、公園の入り口で、見張り役をなさっていた、

大人のシジュウカラさんです。
f0216489_8283714.jpg

f0216489_8572964.jpg

真っ先に、公園へ挨拶に来た私たちに、

用事を済まして、ごはん(昼食)を食べてからおいでと、

優しくさえずってくださいます。


再び公園へ行くと、また、ハクセキレイさんが、

すぐそばに飛んできてくださいました。
f0216489_8361026.jpg

シジュウカラさんも、姿を見せてくださいます。
f0216489_8364982.jpg


私は、このとき、小鳥さんや樹木さん、皆を励ますために、

この公園へ来たつもりでいたのです。

メジロさんも、そのようにおっしゃってくださったように感じましたので。


常緑樹さんに、いつもありがとう、

寒いけれど、頑張ってください♪と、話しかけたり、

早く温かくなるといいねと、小鳥さんに話したり…、

なにげないことだと思っていたのですが…。


でも、本当にいつも不思議なことなのですが、

自然界への感謝や、自然界への思いを向けること、

そして、自然にそって何かをしていると、

自分が何かしたつもりであっても、

それ以上の恩恵を受け取っていたことに、

後になって、気がつくことばかりなのです。


そのような恩恵に、本当に、

後になってから気がつくことが多いのです。。


なので、与えようとすると、もっと与えられてしまうという、

深い豊かさの中に、今私はどっぷと浸かっているように思います。


与えるものは、それ以上に与えられる。

それが、今、ごく最近実感してまいりました、

大自然の本当に豊かな恵みのようです♪


つづく


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2013-01-17 09:28 | 嬉しかったこと♪
小鳥さんたちによる魂の浄化
お正月の元旦の日の散歩道、

小鳥さんたちの撮影を終えて、街の繁華街へ、

飲み物を求めるために、向かいました。


買い求めたドリンクを、ベンチに座って飲んでいると、

駅へと向かうその道を、様々な人々が忙しく行き交います。


人々を見ていると、その人たちが、何を信じて生きているのがが、

はっきりと感じられてしまって、驚きました!!!


そして、思った通りの建物や、場所へと、

それぞれが向かってゆきます。


信念や信条とは、こんなにも人の行動を、

無意識化で支配し、がんじがらめにしているのだと、

その異常さを、はっきりとわかってしまったのです。


私たち家族は、すぐに思想がうごめく繁華街を離れて、

いつもの静かな通りへと、逃げてゆきました。


そこでは、たくさんの小鳥さんが、

私たちを待ち伏せして、待っていてくださっていました♪

コゲラさん♪
f0216489_16491167.jpg

この子は、頭に後頭部に赤い羽根が見えますので、

男の子のコゲラさんです。


先ほど、写真に写ってくださっていたジョウビタキさんも、

こうして、静かな通りで待っていてくださいました。
f0216489_16505536.jpg

この向かいにある桜の木の枝には、

シジュウカラさんが止まって、私を呼んでくださいます。
f0216489_16514654.jpg

コゲラさんのすぐそばには、ムクドリさんが、

可愛らしい豆柿の実を夫婦でついばんでいらっしゃいます♪
f0216489_1654756.jpg
f0216489_16591923.jpg


この場所の、槇(まき)の木が、勢いを増していて、

本当に美しいと感じて、写真を写すと、

神である樹木さんの素晴らしさを褒めた私を、

メジロさんがとても喜んでくださって、舞を舞ってくださいました。
f0216489_1722482.jpg


舞っている姿を写真に納めることは、とても難しかったのですが、

本当にすぐそばでの出来事、何度も何度も舞ってくださったのでした♪
f0216489_1854625.jpg

f0216489_1825472.jpg



自然界の命は、神とともにあるので、本当にみずみずしいのです。

良い気と生命力で満ちています。

明るい、生きる喜びがあります。


人間の世界は、しわしわの梅干しのような、

干からびた世界です。

奪い合い、時間もお金も、生命力も明るさも吸い取られて、

縮こまって生きています。

これは、このとき、お正月の神様がいらっしゃったからこそ、

知りえることのできた領域でした。


外側に見るものは、人間である私の内側にも、

かつてあった世界です。。


お正月の神様は、留まってくださっている、

この二日間の間に、決して入ることのできない領域に、

私を連れて行ってくださって、私の中のその場を、

浄化する機会を、与えてくださいました。


また、私の中のその世界は、外側の世界にもつながっていて、

やがて現実に反映されてゆくのでしょう。


人々は、もう、無明の時代に作られた迷妄を卒業して、

本当の自分自身の温かい幸せを、

大切にするときが来たようです。

f0216489_839509.jpg

(散歩の後、我が家へ戻ってくると、

ジョウビタキさんも我が家の垣根に来てくださいました♪

神様と、ずっと一緒です♪)


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2013-01-05 09:01 | 嬉しかったこと♪
お正月の神様♪ (五)
元旦の日の、散歩の途中で、

この場所に、わざわざ集まってくださったのは、

スズメさんや、ジョウビタキさん、セキレイさんがいらっしゃいました。


みな、わざわざこの場所に飛んできてくださったようで、

元気なお姿を拝見で来て、本当に嬉しかったです♪
f0216489_1725278.jpg

冬の神様が我が家にいらっしゃる間は、

ほとんど写真に写ることがなかったジョウビタキさんも、

お正月の神様のいらっしゃるこのときは、

とても近くの枝に止まってくださいました♪
f0216489_18261889.jpg



ハクセキレイさんは、屋根の上に止まってくださり、

私は、本当に縁起が良いことであると、感動してしまいました。
f0216489_18301475.jpg
f0216489_18305977.jpg

ハクセキレイさんが、屋根の天辺から飛び立ち、

別の屋根の天辺に飛んでゆくとすぐに、

ジョウビタキさんが、二股に分かれた枝に止まりました。
f0216489_18345828.jpg

私には、ジョウビタキさんがなさるその振る舞いには、

なんだかとても深い意味があるように感じられました。


ジョウビタキさんのお姿には、影が映し出されています。
f0216489_18354212.jpg

こちらもそうです。

二股の枝は、ヘビをからめ捕る杖とも、

聖者や賢者の持つ杖ともいわれているといいます。


映し出される影は、何ら不吉なものでもなく、

ましてや、ジョウビタキさんとは何の関係もありません。
f0216489_18363079.jpg

ジョウビタキさんは、その二股の枝から軽やかに羽ばたいて、

飛んでゆきました。。
f0216489_18401318.jpg

飛んで行った後に偶然映し出された枝は、普段であれば、

シャッターを切るときに、少しはずれますので、

次の写真も、同じ位置で写せることはまずないことなのに、

ジョウビタキさんが止まっていらっしゃったときと、

まったく同じ場所に位置して写っていました。



人は、ありもしない影におびえながら生きています。

その影に対処するための人生選択をして、日々生きています。

そのような人が、ほとんどだと思います。

それは、自然界の自然なあり方とは、ほど遠い生き方です。


その、二股の枝の、谷間のように、深い闇は、

屋根の天辺のように、明るく、楽しいことによってのみ癒されます。


そして物事の本質であるものによってのみ、

偽りや、幻である闇を、照らし出すことができます。


私には、まだ自然界の深奥は計りきれませんが、

大自然の神々のなさることには、

すべてにおいて、振る舞いに、

何らかの深い意味があるのだと思います。


ハクセキレイさんや、ジョウビタキさんは、

物ごとの本質や仕組みを教えて下さろうと、

このように振る舞ってくださったのだと思います。


なぜならこの後、街に出た私は、

人々のあらゆる信条が、鋭敏に感じられる、という、

とても不思議な体験をしてしまったからなのです。。


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2013-01-03 19:13 | 嬉しかったこと♪
お正月の神様♪ (四)
交代の時間が来て、サルスベリの枝に止まったのは、

ここから、かなり離れた場所に暮らしているはずの、

別のスズメさんたちでした。
f0216489_1651647.jpg

このスズメさんと一緒に、この場所に飛んできてくださったのは、

こちらのヒヨドリさんです♪
f0216489_1692523.jpg



本当に、後になってから気がついたことなのですが、

ブログに載せるために、写真の整理をしていたとき、

このスズメさんの画像を、よく見てみますと、

広場で集団で暮らしていらっしゃるスズメさんで、

以前、足にけがをなさっていらっしゃった、あの雛さんなのです!!
f0216489_16152381.jpg

そして、同じ枝にいらっしゃるのは、

広場の集団の、リーダーのスズメさんではないでしょうか。
f0216489_16142487.jpg

この場所から、自転車で15分以上も離れた距離を、

私が撮影をしている合い間に、ヒヨドリさんが知らせに行って下さり、

こうして皆で、こちらまで、飛んできてくださったようなのです。。

こんなにわざわざ遠くまで…。。



お正月の神様は、元旦と、

翌日の、たった二日しかいらっしゃいません。


また、二日間の間には、天候の状態や、

私たち人間の体力や、行動の都合もあります。


こうして外へ出る、わずかなチャンスのために、

遠くから、会いに来てくださったことには、

お正月の神様と、自然界の神様にとって、

人が思う以上に、とても重要なことがあったのだと、

気づかされる思いがいたします。


私は、彼らに、なんとお礼をお伝えしたらよいのか、

本当に、分かりません。。


つづく…


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2013-01-03 16:48 | 嬉しかったこと♪
お正月の神様♪ (三)
スズメさんたちが、サルスベリの木の上で、

実った種をおいしそうに召し上がっていらっしゃいます。
f0216489_115057.jpg

こちらのスズメさんは、思いっきり、背伸びをなさって、

たわわに繁っている種を、召し上がっていらっしゃいます♪
f0216489_1162283.jpg

写真に写していましても、ありがたいことに、

私を警戒する様子はまったくありません♪
f0216489_1171931.jpg
f0216489_1174745.jpg

スズメさんたちが、こんなにくつろいだ中で食事ができるのは、

すぐそばで、仲間のヒヨドリさんの家族が、優しいまなざしで、

見張りをなさっていらっしゃるからでしょう。。


少し離れた建物の上には、カラスさんも、

広い範囲で、周辺を見渡し、安全を見守っていてくださっています。



しばらくの間、スズメさんの撮影を楽しんでいますと、

今まで常緑樹の樹木の枝にいたヒヨドリさんが、

交代の時間が来たよ♪と、

けたたましく鳴きながら、サルスベリの樹木に飛んできました♪
f0216489_11121075.jpg

冬の季節の、短い日照時間でも、

どの仲間たちも均等に餌を食べることができるように、

ヒヨドリさんが、みなに交代の時間を知らせてくださったのでした♪


ヒヨドリさんは、交代を知らせている、わずかな時間に、

スズメさんたちからの、感謝の気持ちの種を、

分けていただいていらっしゃるようでした。。
f0216489_11125251.jpg


ヒヨドリさんは、次に、このサルスベリの枝の上で、

種を召し上がる、(もしかしたら写真に写ってくださる)、

他の仲間が飛んでくる様子を、こうして見守ってくださっています♪
f0216489_11182162.jpg



つづく…。


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2013-01-03 11:24 | 嬉しかったこと♪



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31