カテゴリ:ことわざの真意( 2 )
目を白黒させる
気が動転した時など、目を白黒させるという言葉を使う。

なぜ、白黒させるのか、

それはどのような状態なのかというと、

瞳がダーツの的のようになって、くるくる回ることをいう。


なぜそうなるのかというと、

エネルギー的には、生命エネルギーが、

人体の二つの柱、右の柱と、左の柱を上ってくるときに、

体のチャクラ(中心の柱のチャクラではないもの)を回してゆき、

瞳に到達する。

本来は、そのエネルギーは二つの瞳を輝かせるのだけれど、

気が動転しているとき、驚いてしまったとき、

エネルギーも発動を戸惑い制限しようとする。

そうすると、瞳が白黒する。


遊びの道具であるダーツも、人の深層意識の中から生まれたもの。

インスピレーションは、真実の世界とつながったときに、

沸き起こる。そういうものを偶然見つけるとき、面白い。



感動した時、喜びを感じたとき、瞳は輝く。

生きている喜びを感じるときも瞳は輝くものである。

瞳が輝けば輝くほど、真実を見る力は曇ることなく発揮されるようになる。



雲雀(うんじゃく)
[PR]
by kotorihua | 2012-02-20 08:30 | ことわざの真意
格言やことわざに隠された本当の意味とは
ことわざが、どのくらい前から人々の間で語り伝えられているのか、

その始まりを知る人間はいない。

これらは新しいものでも千年前、古くは数万年前からずっと、

現在に渡って、日本人の中で語り伝えられてきたものである。


長い歴史の中で、本当の意味が忘れ去られ、本来の意味とは、

違った使われ方をしているものも多くある。


日本のことわざや格言の本当の意味、真意について、

古代からのすぐれた叡智を保持した、

小鳥や樹木から、直接に教えられたものを、

こちらで紹介したいと思う。



関連記事

馬の耳に念仏」の意味について書いてある記事

さわらぬ神に祟りなし」の意味について
[PR]
by kotorihua | 2001-02-28 23:59 | ことわざの真意



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31