季節と食べ物のこと
2月の、立春の頃まで、

日々の香の物として、お漬物を作る。

蕪(かぶ)や、お大根、麹を使ったり、

ウコンなどのスパイスも使う。

日本人も、昔から、大根をウコンで黄色く染めるし、

陳皮や、柚子などの、柑橘の香りを、

香の物に忘れない。


手近なドライフルーツなども、

お漬物に、私は加える。


寒い日は、ハードタイプの、パンを焼く。

我が家には、今はもう、オーブンがないのだけれど、

この、一冬の努力で、日本製のガスコンロと、

鉄製の容器などを使って、

驚くほどにおいしいパンが焼けるようになった。


立春過ぎごろまでは、室内で、

自家製の天然酵母を起こすのに、適していると思う。


普段はおやつにしている、ドライフルーツと、

荒く刻んだ、クルミやアーモンドなどを、パンの生地に加えたり、


チーズパンなども、2、3種の味を組み合わせるだけで、

お店でいただくものにも劣らないものが、

家で作れるようになると知った。



みつ花






[PR]
by kotorihua | 2018-08-22 14:15 | みつ花の日記から
<< 不思議なことばかり起こる日々だから 夏のページ >>



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30