無限の時軸(一)
数日前に、ネットによって歴史に関することや、

様々な歴史の仮説を検索していましたとき、

翌日の朝も、ふと日本の歴史について調べようと、

魏志倭人伝などを検索しようとしていました。


調べようとしますと、カラスさんが、

メッセージを伝えてくださいました。

★★★

みつ花、話しても大丈夫ですよ。


今以上に、一生懸命、

いつも、一生懸命に。

それを忘れないこと。


知識欲に飲み込まれてはいけない。

「時間(思考)が生まれる。」(大切な、空(くう)なる時を失う)


時の始まりに居続けることが、

無限の時を統べる大切な在り方です。


☆☆☆

そのようにおっしゃって下さいいました。


通常、現代の人の学びというのは、

知識という、小さな世界をベースに物事を辿ってゆく方法しか知りません。


神様のおっしゃる学びは、直接「それを知る」ことができる領域に、

精神を昴(たか)めることを求めなければ、

何も知ったことにはならいとおっしゃいます。


思考の無い、時の止まった状態である、無限の時を統べるとき、

あらゆることが、必要に応じて明らかとなってゆきます。


生命は、そしてもともとは人も、その大いなる方法によって、

物事を認識する力、真実を知る力を培ってきたのです。
f0216489_8153031.jpg



つづく


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2013-01-26 08:17 | 神々からのメッセージ
<< 無限の時軸(二) 雛さんが伝えてくださったメッセージ♪ >>



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30