シメ(鴲)さんと友達になれた日のこと
公園で、シメ(鴲)さんという冬に渡ってくる、

冬鳥の、女の子の方に出会いました♪(1月13日撮影)
f0216489_14595768.jpg

私が、公園遊んでいる人間の親子の、じゃまをしないようにと、

公園の端に立って、しばらくの間、小鳥さんの姿を探していました。


写真のシメ(鴲)さんは、親子が公園から出てゆくとすぐに、

元気にさえずりながら、すぐ近くの

樹木の上から地面に舞い降りてきたので、本当に驚きました♪
f0216489_151593.jpg

この方も、私と同じように、公園の端っこで、

隠れていらっしゃったようです♪


そして、私の存在がここにいても、

決して警戒することなく、こうして姿を見せてくださったようです♪


シメ(鴲)さんとは、紅梅のつぼみの前で、

男の子の方とはこの数日前に、面識ができていました。

次はこのように、女の子が姿を現してくれるようになったので、

本当に嬉しかったのでした♪


写真を写し始めると、そばには、留鳥としてここで暮らす、

いつもの仲間たちがさりげなく見守っていてくださいます。
f0216489_1516249.jpg

キジバトの雛さんや、ムクドリさん、カラスさん。
f0216489_1518369.jpg

彼らがいらっしゃるからこそ、

はじめての小鳥さんも、安心して姿を現してくださるのだと、

感謝の気持ちで、いつもいっぱいになります♪


自然界は、何事も、順序や順番があり、

自然に即した、気遣いがあると、教えられているように思います。

お互いの信頼を、重ねることで、

明らかにされてゆくものが、自然界にはあるようです。


自然界の命の心というのは、強いきずなを培うためにこそ、

心を柔らかく繊細に扱う、大切なルールがあるように思います。


相手に対しては、人間の世界とは違って、早急ではないですし、

また、「こうしなければ、怒りますよ。」というような、

厳しさや束縛もありません。


けれど、彼ら自身の行動や、変化への対処は、

何事も彼らの努力によって、すべて未然に行われます。


それは、精神的な成長を重ね、慎ましさをつちかうことで生まれる、

物事の運びなのだと思います。


写真を写していますと、公園の中から、

鋭いさえずりが何度も、そして繰り返し聞こえてきまして、

それが、つがいの男の子のシメ(鴲)さんであることがわかりました♪
f0216489_18535013.jpg

f0216489_1834368.jpg

ずっと同じ枝に止まって、

私が彼のさえずりと、どこにいらっしゃるのかを気づくことを、

ずっと待っていてくださったようでした♪


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2013-01-24 19:02 | 新しい仲間
<< 今朝、シメ(鴲)さんが、窓辺に... 魂の輝き >>



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30