季節を告げる、ハクセキレイさんの訪問(二)
ハクセキレイさんは、正確に季節を告げてくださる小鳥さんです。

季節の変わり目である、土用の期間に、

必ず、すぐそばに舞い降りてくださいます。
f0216489_8344742.jpg

そのときの彼らの振る舞いは、

目的意識を持っていらっしゃるようなので、

いつものように、畑や空き地にいらっしゃるときとは、

少し様子が違うように思います。


今回も土用の時期であり、ちょうど大寒の日でもあった、

1月20日に、たくさんの人々の行き来する場所で、

通行する人々も、振り返ってしまうほど、

すぐそばに来てくださったのでした♪


もっと写真を撮れれば良かったのですが、

人通りも多く、私が自転車を降りますと、可愛らしく、

「チュイン、チュイン」とさえずって、

そばの建物の上に、垂直に舞い上がってしまいました。


それからずっと、上空をさえずりながら飛んで、

私が移動した場所まで、ずっとついて来てくださったのでした♪


18日間の土用の期間が過ぎると、立春となり、

季節は暦の上でも春を迎えます。

小鳥さんが、人混みを恐れずに、

人のそばに季節を告げに来てくださることは、

本当に季節というものが、思う以上に大切なものであること。


また、古い時代から伝わっている暦は、

自然界の神々である生き物や、

季節の「兆し」を追いかけて、作られているのだということが、

はっきりと感じられるのです。


遠い古代の人々が、決して人類が、自然とのかかわりと、

その大切さを忘れないようにとの、

温かい願いが込められているように思えてなりません。


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2013-01-23 08:53
<< 松の領域 これからは実相の時代が来るのだ... >>



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30