街の公園にて(一)
先週、主人と少し離れた街まで出かけることになり、

駅へ向かって歩いていると、

カラスさんが、特別なさえずりをなさっていました。


すぐにメジロさんが飛んできて、公園へ行くことを忘れるな。と

おっしゃって下さったので、カラスさんのさえずりが、

玉章(たまづさ)であることがわかりました。


用事のために向かう場所の真向かいに、

その街でも、一番大きな公園があります。


夏に、そこを初めて訪れたとき、その公園の小鳥さんは、

本当に喜んでくださったので、寒さの厳しい今頃、

わが街の小鳥さんは、他の街の小鳥さんたちを、

元気づけるためにも、私たちを向かわせてくださるのだと、

本当に嬉しくなりました♪
f0216489_810774.jpg

カラスさんからのさえずりによって託された、

玉章(たまづさ)が、私たち夫婦のオーラについているからでしょうか、

訪ねた街のヒヨドリさんが、目的地へ向かう路地の電線で、

このように待っていて下さいました♪


公園へ着きますと、ハクセキレイさんが、

可愛らしく迎えてくださいます♪
f0216489_826573.jpg
f0216489_8264562.jpg


こちらは、公園の入り口で、見張り役をなさっていた、

大人のシジュウカラさんです。
f0216489_8283714.jpg

f0216489_8572964.jpg

真っ先に、公園へ挨拶に来た私たちに、

用事を済まして、ごはん(昼食)を食べてからおいでと、

優しくさえずってくださいます。


再び公園へ行くと、また、ハクセキレイさんが、

すぐそばに飛んできてくださいました。
f0216489_8361026.jpg

シジュウカラさんも、姿を見せてくださいます。
f0216489_8364982.jpg


私は、このとき、小鳥さんや樹木さん、皆を励ますために、

この公園へ来たつもりでいたのです。

メジロさんも、そのようにおっしゃってくださったように感じましたので。


常緑樹さんに、いつもありがとう、

寒いけれど、頑張ってください♪と、話しかけたり、

早く温かくなるといいねと、小鳥さんに話したり…、

なにげないことだと思っていたのですが…。


でも、本当にいつも不思議なことなのですが、

自然界への感謝や、自然界への思いを向けること、

そして、自然にそって何かをしていると、

自分が何かしたつもりであっても、

それ以上の恩恵を受け取っていたことに、

後になって、気がつくことばかりなのです。


そのような恩恵に、本当に、

後になってから気がつくことが多いのです。。


なので、与えようとすると、もっと与えられてしまうという、

深い豊かさの中に、今私はどっぷと浸かっているように思います。


与えるものは、それ以上に与えられる。

それが、今、ごく最近実感してまいりました、

大自然の本当に豊かな恵みのようです♪


つづく


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2013-01-17 09:28 | 嬉しかったこと♪
<< 街の公園にて(二) メール開設と巣立ちのお知らせ♪ >>



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30