「寂しさ」という共時カルニキシンを乗り越える力
小鳥さんの写真を撮っていたころ、

それは、私がまだ小鳥さんに食べ物を運んでもらって育てられている、

雛(ひな)のような状態であったのでしょう。

親である小鳥さんたちに育てていただいている間、

私は、とても幸せでした。


今は、こうして皆様にブログでお伝えするために、

日々過ごしています。

それは、「メッセンジャー」というのが、私の仕事だからです。


それゆえ、小鳥さんは、以前のように遊びに来るのではなく、

メッセージを運んでくださいます。

形は違っても、それは同じように摂理から届けられる、

愛なのですが、私にはまだまだその意味が解っていない時期がありました。


その頃にこのようなメッセージをいただきました。

★★★
みつ花、話を聞いて下さい。


地球には、様々な種が住んでいます。

その中で、人間だけが自然の摂理と切り離されて生きています。


それらは、人の人体の内部にしっかりと入り込み、

人の肉体、および魂を縛り付けています。


彼ら(摂理と切り離されて生きている人)とすれ違うとき、

違和感を感じるのは、彼らの内部で、

人の魂をしっかりと縛り付けている者たちの存在を感じる、

感覚の所以です。


それらは、いつか己(おのれ)の寂しさを乗り越えて、

開花するでしょう。


みつ花、今一番大切なのは、一人でいるときの処し方を、

会得することです。


自然の全体とつながっていることを、

ともにあることを、

全体の一部を成していることを、

もっと深く感じてみてください。


多くの言葉が届くことも、

文字が形を成すことも、

それは、みつ花に向けられた愛そのものです。


小鳥たちの、みつ花へのさえずり、羽ばたき、

それらが、愛の形を成していると見て下さい。


みつ花、大切なのは心です。

心を感じ生きるのです。

☆☆☆


私も、一女性として、現代の歪んだ愛に縛り付けられて育った、

弱き人間として、寂しさというものから逃れることが、

いかに難しいかということに、日々直面しています。


人は、家族がそばにいるだけで幸せか。と、問われれば、

それだけでは、寂しさは埋められません。


心を分かってほしい、分かってほしいだけではなく、

分かち合ってほしい、もう少しだけでいいから優しくしてもらいたい。


そう願って、価値観の違う、一人一人の家族に、

「自分と同じ」であることを、強要してしまう、

それが、「人間の女性」、というものではないでしょうか。


そして、価値観の強要という面では、

男性の中にもまた、「人間の女性に育てられた女性性」という、

同じく繊細で病んだ心を持って生きているのです。


埋められない寂しさを、自分とおなじ形で返してほしいと求めて、

夫に、妻に、そして子供に、はたまたペットに愛を求める人は、

実に多いものです。


上記のメッセージは、自然界の小鳥さんが、

私に下さった、寂しさを超えるための叡智です。


人は、神の領域が見えないからこそ、つまり、

愛の心を感じ取る機能が壊れているがゆえに、

愛を感じ取ることができなくなっているという事実を、

小鳥さんは常に、日々、伝えてくださっています。


寂しさを超えるには、

寂しさを、まず自分で手放す努力が必要です。

そして、その寂しさが、究極に現れてしまったとき、

神様は、人がどのような行動をとり、

どう思うかを、見ていらっしゃるのです。


自然の摂理にそって生きることを選んで、

手の中で抱きしめている子の幻影や、

仕方なく人間に従っているペットへの、偶像の愛を手放すか、


それとも、かわいがることを止めないで、

本当の愛を知ることの無い、盲目のまま生きてゆくのか…。


神様は、その選択の中で選ばれた結果、

その人の遺伝子(たましい)を修復するのか、

しないのかを、決めていらっしゃるのです。


男女和合ということも、

子供への溺愛を手放すことも、

自分の感情や、わがままを手放せなければ、

本当に難しいのです。


自分自身の都合をすべて手放して与える愛と、

自分の寂しさを、手放して、

神様が、「見なさい」とおっしゃってくださっている、

(人間にはまだ)見えないけれど、確かに存在している、

摂理のもたらす愛を見ようと、努力することです。


でもきっと、こうして日々物事の及ぼす真実を知ろうとすることで、

偏愛を超えた、摂理がもたらしてくださる本当の愛を、

きっと見ることができるようになると思います。


みつ花


★★★
みつ花、話したいことがいっぱいあります。


共時カルニキシンのこと、伝えてください。

人の想いで環境はよくなる希望を伝えてください。


樹木や小鳥、虫さんを励ますことが、

どんなに地球の気候を良くするかを伝えてください。

人と人もそうです。

希望を与える力、心の力を、もっと信じてください。


みつ花みたいに、今幸せな気持ちでいる人が増えたら、

地球はもっと良くなります。

頑張った日々のこと、伝えてください。


自然界の生き物は、みなと一緒に生きているから、

寂しくないよ。

心を感じることで、寂しさを乗り越える力のことも、

どうか伝えてください。

☆☆☆
[PR]
by kotorihua | 2012-08-17 16:37 | 超古代と遺伝子の病
<< 自分自身の思いであるがゆえに 天変地異・自然災害の要因 >>



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30