神様が教えてくださった夏の処し方 (2)
七月四日に、山桜さんを訪ねた後、

庭先にシジュウカラさんが来て、教えてくださいました。

★★★
今日のように暑い日は、人間の過ごし方として、

冷たいものを飲んでください。ホットコーヒーは駄目です。

血圧が、上がりすぎてしまいます。


それから、団扇(うちわ)を買ってください。

とても便利なのと、魂にとって、深い意味があります。


それは、招き寄せるのです。祓(はら)うこともできるので、

常に持ち歩いてください。


みつ花、いつものように落ちついて行動して下さい。

みつ花の静かさ、嫋(たお)やかさが、人々の癒しと気づきになります。


みつ花、暑さに負けず、頑張ってください。


では…。
★★★

我が家では、持ち家を処分し、とても小さな部屋を借りて、

素朴に暮らすようになってから、

冷房を使うことはしなくなってしまいました。


三年かけて、冷房のない状態でも、耐えうる体力と、

判断力を、小鳥さんたちによって培ったので、

みなさんにも、急にそのような生活を始めることは、

それは都会や、街中で暮らす現代人の体力では、

生命にとってかなり危険でもあり、おすすめはできません。


でも、もし自分自身の暮らし方を見つめなおし、

土地を所有したり、家を持ったりすることに、囚われすぎていることを、

いったん見つめ直し、文明機器にかなり埋没していることを、

顧みてみるならば、自然にそって暮らす生き方は、健康と、

強さを、かえって引き出されて、若返るということは、

事実です。


とはいえ、私も、暑い時間帯の昼間などは、人の多い街に出たり、

冷房のよく効いた喫茶店や、図書館などで過ごしているので、

決して文明を否定していることではないのです。


このように暮らしている私に、小鳥さんたちは、

様々なアドバイスをくださいます。


ずっと冷房の中で過ごす、冷えた体には、

温かいものも必要ですが、

暑さの中で過ごしていて、自分の耳の血管が、

はっきりと流れとして見えるほど、熱を発散しているようなときには、

体を温めたり、血圧が上がる飲み物や食べ物を食べると、

年齢にもよりますが、とても危険です。


昔の暮らしの中では、自分の体力や体調を気遣う、

暮らし方の知恵がありましたが、

現代の人々は、習慣や、味覚などにとらわれて、

自分の体調や体が、季節とともに急激に変化していく様を、

感じ取ることが、できなくなっているように思われます。


皆さまも、重々、夏の暑さには気を付けて、

お体お大切にお過ごしください。


みつ花
[PR]
by kotorihua | 2012-07-23 12:28 |
<< 男女和合の真髄 神様が教えてくださった夏の処し方 >>



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31