またいつか出会うときまで
今朝の夢の中で、神様が迎えに来ました。

私は、瑠璃色のガラスのような美しい時計を手に持っていました。


青い時計は、時の船(新しい地球)へ乗るためのチケットであると、

神様はおっしゃいます。


真実の世界での私の振り分け髪も、丁寧に結われていました。



 「ゆるかやに みなとをでたる ときのふね 私もともに行かんとすらむ」


 「振り分けし 振り分け髪も 肩過ぎぬ 君のためにと 髪を結ふなり」



よくわからないまま詠んでいた和歌にも、

この日が来たということがわかるための、

未来を形作る、何らかの深い意味があったのだと思われます。



このブログを書く、人にお知らせするということも、

私自身の学びを深めるということもあったように思います。


私が、そしてなぜ女性が、

なかなか神様と合一できなかったのか、

ようやくわかったような気がします。


今は、心で呼ぶと小鳥はすぐに来てくださいます。

そして主人も。



なぜ、男の人への呼びかけは、

「あなた」と遠くへの呼びかけで呼ぶのか。


そして、なぜ女性は「おまえ」と近くへの呼びかけで呼ばれるのか。


男の人に、聞く耳がないからと思っていた私でしたが、

本当に神人合一するならば、

呼べはすぐ来てくださる近い心の距離なはずなのに。


男の人に「あなた~!」と大きく、遠く呼びかけないと、

そばに来てもらえないのは、

女性の方が自然からほど遠く隔たっていたのだという、

逆説という真理を知ることができました。


ただ自然に・・・

願えばかなう。

それが幸福なこの世界の摂理のようです。


今まで出会った自然界の精霊さんたちに、神々に、

日々教えられ、ここまでになるまでに導いていただきました。

本当に自然界への深い感謝の気持ちでいっぱいです。


そして神様から、今日をもってブログの更新を終了するようにとの、

メッセージがやって来ました。


今まで本当にたくさんの方々が、毎日のように見にきてくださって、

とても嬉しかったです♪

本当にありがとうございました。


雲雀(うんじゃく)



日本の神様、木の花と鳥。
f0216489_9452585.jpg

私たちは、必ず光を見つける。

そして、私たちは、彼らと同じ光を見る。
[PR]
by kotorihua | 2012-05-16 09:51 | お知らせ
<< ご無沙汰しております (201... あの日の忘れ物を探して >>



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30