新しいお友達 ツミ
ツミが写真に写ってくださった。昨日のことである。
f0216489_20183941.jpg

近くに暮らしていることはよく知ってはいたが、

こうして、おにぎりを食べている、すぐ近くでくつろいでくださり、

しかも写真に写ってくださるようになれる、

このようなことは、はじめてのことであった。

私自身の心の成長が、この日を向かえるようになれるまでに、

三年もかかった、とても感慨深い写真である。

f0216489_20191065.jpg

小鳥と出会ったばかりの頃は、小鳥を守るために、

トビなどの猛禽類を追い払ってしまい、かえって森の神々に、

叱られてしまったこともあった。


猛禽類たちは、それが本来備わるありのままの姿であり、

本当は、言葉を話すことのできるようになった人間と、

友達になりたいと思ってくださっていたようで、

この街にはいないが、狩りにやって来た鷹とは、

心が通じ合い、友となることができたこともあった。


この鷹が街の上空を横切っても、小鳥は、誰も逃げない。

カラスも追うことがない。


なので、同じ町に住むツミとは、本当にいつか友達になりたいと、

心から願っていたのであった。


この写真を撮った時は、すぐそばには、カラスもいて、

ヒヨドリも、キジバトもいるし、

シジュウカラも樹木の高い枝の上の方で、遊んでいる。


ツミは移動するたびに、嬉しそうにさえずるけれど、

どの小鳥も逃げることも、追い払うこともしない。


やっと、この日を迎えることができたのだと、

とてもうれしいのである。


自然界の、小鳥たちと、それを取り巻く生き物たちの、

ありのままの摂理を、人間の感情で、悲しんだり、

特別にかわいがったりするのではなく、

摂理にそったすべてを、心静かに受け入れることを、悟ったとき、

ツミは私を、友達として迎えてくださったように思う。


ツミには、古来から、雌雄にそれぞれ名があり、

雄の名を「悦哉(エッサイ)」といい、

雌は、「雀鷂(ツミ)」というそうである。

ツミには「エッサイ」という、

そこへ至るすべての存在の出来事を受け継ぐような、

深い特別な名がある。


ツミという名自体も、「梅」の真の名が、柘(ツミ)という、

神代から続く真実の世界と、この三次元の現実を結ぶような、

深い縁起を持つ名である。


それを含めると、ツミが友達になってくださるということが、

何か、とてつもなく深く大切なことを伝えているのではないかと、

思えてくるのである。


カラスも、ヒヨドリも、この記事を出すことをとても喜んでくださり、

すぐそばで、見守ってくださっている。

なんとツミも、今日は、家のそばに来ていたのであった。


雲雀(うんじゃく)
[PR]
by kotorihua | 2012-04-29 20:24 | 天使たち
<< かわいいメジロ ホトトギス >>



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31