清らかな美しさ
愛することよりも、

清らかさを大切にする、聖母のような人がいて、
f0216489_1645476.jpg

こんなに美しい花を咲かせる。
f0216489_16463655.jpg


ただ一切すべてを、

愛そうと努力する人がいて、
f0216489_16512662.jpg

こんなに美しい花を咲かせる。
f0216489_16505053.jpg


その花は、死んだ細胞さえも蘇らせることのできる、

薔薇のように赤い椿にもなり、
f0216489_1657925.jpg


神が触れれば一瞬で、清らかな白い椿にもなる。
f0216489_1658680.jpg



どの花も、そうとうの努力によって花を咲かせるものである。

努力して咲かせた花は、どれもみな美しく、

決して穢れることはない。



もし、天使の声を聴くことができても、

かたくなに自己を守っているとしたら、
f0216489_176358.jpg

それはとても悲しいことである。


たとえ、どんなに愛そうと努力しても、

天使の声を聴かなければ、
f0216489_17103955.jpg

それは悲しいことである。
f0216489_1711304.jpg


ただ天使は、天使の声を聴き、よく愛するものを、

天へと運ぶと約束してくれた。

f0216489_17122374.jpg

良い実を結ぶ努力をするものを、大切に増やす。

それは、誰もがそうする、宇宙の摂理である。


桃色は、神々の住まう世界の一つ、

桃源郷に咲く花の色である。



雲雀(うんじゃく)
[PR]
by kotorihua | 2012-03-30 17:28 | 古今伝授
<< 神様が見せてくださった奇跡 与えられたものを一つ一つの日々 >>



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30