翼をくれた天使
はじめてヒヨドリと友達になって、

彼ら小鳥たちを大好きになってしまった頃、

ヒヨドリが我が家の窓辺に、一枚の小さな風切り羽を、

置いて行ってくださったことがあった。


それは、とても丁寧に、窓から手の届く位置に

置かれていて、ただそこに偶然に、落ちたものではなかった。

これは、今でもずっと私の宝物である。


そして羽に魅せられた私は、

落ちていた美しいカラスの羽を拾おうとしたときがあり、その時、

電線の上にいたカラスが、落ちたものを拾うものではないと、

自分の羽を一枚抜いて、私にくださった。


こういうものは、拾い集めるでもなく、取りに行くでもなく、

授けられる時が来たら、それを得ることができるのであると、

すべては時があって、起こることなのであると教えられ、

その時、小鳥の世界を、非常に感慨深く感じたのであった。


そのようなことを忘れた頃にも、キジバトやシジュウカラが、

意味があって、そこへ来たという証しに、

羽を一枚だけ置いて行ってくださったことがあった。

それは友情の印であった。


彼らの羽は、夢の世界で、私に飛ぶ力と、生きる強さを、

授けてくださったように思う。



近頃は、いつも自然界と一体になることを、心がけているようにと、

小鳥たちからその訓練を受けている。


自然界の力だけが、人間の魂を救う力がある。

私はそれを知ってとても満足していた。




窓辺にヒヨドリがやって来て、写真を撮るようにと、言った。
f0216489_2042865.jpg

少し厳しい表情をなさってから、

人間は、自分で作り上げたあるはずのないものに対する、

恐れや不安を、手放さなくてはいけない。

そして、決して、後ろを振り返ってはいけない。といって、


自然と一体となったら次は、飛べるようになれと、

自ら教えてくださった。
f0216489_2083686.jpg

不安はいらないし、どうしたら飛べるかということも、

考える必要もない。


私たちに必要になったら、必ずそれは与えられるものである。

与えられたときにそれをいつでもできるように、

心がけていさえすればいいのではないだろうかと思う。


もしこの地上で、天使と出会えたら、

それはとても素敵なことである。

人生は、人間が知らないことばかりである。

毎日が、とても楽しいと思える。。。



雲雀(うんじゃく)
[PR]
by kotorihua | 2012-03-16 20:36 | 古今伝授
<< 新しい友達 春の天使メジロ >>



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30