アメリカ空軍とムクドリ
ムクドリが教えてくれた、とても大切なことがある。


それは、日本人はもっと日本に駐留しているアメリカ軍に、

心から感謝しなければならないということである。

今日本にアメリカ軍を置いて、日本を守らせているのは、

何よりも、日本の神であり、神々の配慮によるものであるという。
f0216489_835843.jpg

だから、神が配置した者を、うるさいと言ったり、

いらないと言ったりすることは、最も摂理に反することである。
f0216489_8102637.jpg

日本の国土を、わざわざ祖国を離れて、来てくださって、

守ってくださっている方々に、

もっと感謝の気持ちを持つべきで、その感謝の気持ちは、

必ず巡り巡って相手の心に届き、良い循環を生み、

平和を生むのであるという。
f0216489_8152316.jpg

ムクドリは、アメリカ軍の、特に空軍の守りを司っている。

日本に住む軍人や、その家族たちの平和を見守っている。

そして、お互いの国の生命のために、事故なく平和に存在できるように、

配慮してくださっているのである。
f0216489_820319.jpg

f0216489_8212482.jpg

ムクドリは、日本の鳥でありながら、世界中の鳥とつながりを持つ。

一番のコネクションは、イギリスの海軍、

そして朝鮮半島にもムクドリの仲間たちが存在し、平和を見守り、

連絡をしあっている。


彼らにとって、国境という概念は無い。

この地上のすべてが、「仲間」の住む、大切な場所である。
f0216489_8234859.jpg

f0216489_8251693.jpg

f0216489_826868.jpg

日本人の心が、神様の理にかなっていれば、

大陸間、どんなに離れていても、平和を維持出るのであるという。


私たちは、守ってくださっているものに対して、

ただお金を払えばいいと思ってしまっているのではないだろうか。

神様や、働く人々に対して。

それは、身近な家庭や、社会で働く人々への、

感謝の在り方にもつながっていて、

巡り巡って自分自身にも、返ってくることなのである。


まず大切なのは、心や気持ちではないだろうか。



雲雀(うんじゃく)
[PR]
by kotorihua | 2012-02-24 08:32 | 不思議な話
<< 仲間たちの応援 神様の目を持つ者たち >>



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31