野鳥撮影のための秘密の特訓
シャッター速度や、ピントの合わせ方など、

カメラにはいろいろな機能が付いていて、

初心者にとって使いこなすのはとても難しい。


素早い動きをする、野鳥を写すために、設定を選んでいると、

窓辺にヒヨドリがやってきて、今日はここで練習しようと言ってくれた。


棕櫚(シュロ)の木の枝に止まるヒヨドリ。(7~8m程の距離から撮影)
f0216489_16104611.jpg


しばらく撮影をしていると、なんと♪、窓の真向かいに止まってくれた♪
f0216489_16122255.jpg

(3m程の距離から撮影)
f0216489_1615712.jpg

かわいい。
f0216489_1615567.jpg

きっと、前の日に、皆のために私が写真を撮らなかったことを知って、

今日は写させてくれるために、わざわざ来てくれたのだと思う。
f0216489_16165425.jpg

小鳥は、周囲との調和や、他者への思いやりと慎みを、とても大切にする。

そのように人間も振舞えたときに、彼らはこうして、

それがとても良い選択だった、ということを伝えるためにやってくる。


再び棕櫚の木の枝の上で。
f0216489_16202252.jpg


f0216489_16394017.jpg

この日の午後、初めてコジュケイを撮影することができた。

とても奇麗に写すことができたと自分では思うのだが、

それは、この時のヒヨドリのさせてくれた練習があってのことだと、

心からありがたく思っている。


雲雀(うんじゃく)



写真、ヒヨドリ (撮影日 2月17日)
[PR]
by kotorihua | 2012-02-18 16:57 | 身近な小鳥たち
<< 目を白黒させる 雪の日の翌朝 >>



古えの奥義・天の鳥船と伝説の小鳥たち
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31